So-net無料ブログ作成

発泡スチロールだけど チープに見えないファブリックパネルを作ろう・・か。 [やっつけしごと]

マリメッコで購入した生地

110612_183652.JPG
LUMIMARJA/ルミマルヤ


これを ファブリックパネルにする 日がやってきました。


調べて

調べて

考えて

調べて

調べて

吟味した


カカ的 ファブリックパネルの作り方 ドエス。

カカの ファブリックパネルは

賃貸でも 掛けれる

が 大前提。

ま、張りたい場所が コンクリに壁紙直張りなので

穴開けるわけにもいかず・・・・・orz

よって 材料は・・・。

とーぜん 発泡スチロール。 ダナ。


110619_100140.JPG

それも 20mm の厚さが カカのお薦め。


10mmでは 薄すぎるし ← 100均一で売ってて 便利なんだけどね

30mmでは 厚過ぎて(重くて) うまく貼れないかも



ってことで 20mmが ベストだと思ってます。
↑ 25mmとか あったら それはまた 微妙な話で・・・。


やっぱり 掛ける場所の 配置や 家具のサイズなど

バシッと 決めたいので

900×900×20 サイズの 発泡スチロール ( in ホームセンター 400円ぐらい) を 購入して

37 × 37 を 3枚 とることにしました。



で、 カッターで切って。

カッターは 少しでかいほうが よいと思う。


110619_104216.JPG
あり?


・・・・・・ ( ̄□ ̄;)


110619_104242.JPG
ボロボロ だな・・・。





20mm の厚さが 原因なのか なんなのか

最初 うまくいきませんでした・・・・ orz








にほんブログ村 インテリアブログへさて ドーしたものか。。。



次回に つづく。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。